編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows 98

用語の解説

Windows 98とは

(ウィンドウズキュウジュウハチ,Microsoft Windows 98 Operating System,Microsoft Windows 98,Win98,ウィンドウズ98,)
Windows 98とは、Microsoftが1998年に発売したオペレーティングシステム(OS)の名称である。
Windows 98では、システムの中核部分に、前バージョンのOSであるWindows 95と共通した16ビットのコアが用いられている。 その上にリソース管理技術をはじめとするさまざまな技術が追加されている。 追加された技術の例としては、USBやDVD、ファイルシステムのFAT32、電源管理技術のACPI、フォルダ管理機能の「マイ ドキュメント」などを挙げることができる。 また、Windows 98ではWWWへのアクセスをはじめとしたネットワーク関連技術の強化が図られている。 デスクトップでフォルダ管理に用いられるWindowsエクスプローラは、WebブラウザであるInternet Explorerと一体され、これによって、Windowsエクスプローラを用いてWebサイトへアクセスしたり、あるいはアクティブデスクトップを利用したりすることが可能となっている。 オンラインでOSのアップデートを行うWindows Updateも、Windows 98で実現された。 また、インターネット接続ウィザードが搭載されたことによって、ネットワーク設定に関する複雑な手順をより簡単に進めることができるようになっている。 1999年には、Windows 98のマイナーバージョンアップ版といえるWindows 98 SE(Windows 98 Second Edition)が発表されている。 翌2000年にはWindows 2000が登場した。 なお、2008年現在、MicrosoftによるWindows 98の製品サポートは終了している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]