編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

リレーショナルデータベース(RDB)とは?

すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”とはテーブル同士の関係を設定し、関連付けるものである。関連づけにより、テーブルを同士を組み合わせたレポートを作ったり、一方を更新すると、もう一方を自動で更新できるようになる。 データベースのリレーションを定義することにより、ユーザーの要求したものを取得する形でデータを扱い、引き出すこともできる。複数のテーブルに分割された情報がどのように関連し合っているのかを設定するのがリレーションシップの定義となる。 リレーションを定義してID番号や名前などの項目ごとにデータを表にした場合、「データの抽出」(投影)、「条件の指定」 (抽出)、「2つの表を結び付けて、1つの仮想的な表をつくる」(結合)などが可能。「東京の」(地域)「社員Aが受け持つ」(人物)「売り上げ」「顧客一覧」などのデータが見れる。 リレーショナルデータベースを制御するソフトをRDBMSといい、商用RDBMSの中でも大きなシェアを確保しているのは、オラクルの 「Oracle Database」、IBMの「IBM DB2」、マイクロソフトの「Microsoft SQL Server」などである。オープンソースベースでは、オラクルが取得した「MySQL」や、「PostgreSQL」などがある。

関連記事

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]