編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
Google Cloud Next

グーグルがフルマネージドサービス「Cloud SQL for Microsoft SQL Server」発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-04-12 06:30

 Googleは米国時間4月10日、フルマネージドサービス「Cloud SQL for Microsoft SQL Server」の提供を2019年中に開始する計画であることを明らかにした。サンフランシスコで開催された「Google Cloud Next」で発表されたこのサービスは、多くの企業で「Microsoft SQL Server」が広く利用されていることを認め、その状況に対応するためのものだと言っていいだろう。

 この製品はフルマネージドサービスであるため、顧客はVMの運用やバックアップ、レプリケーション、パッチやアップデートの適用といった作業を気にする必要がない。またユーザーは、既存のSQL Serverのワークロードを、アプリケーションに変更を加えずに「リフト&シフト」方式でGCPに移行し、GCPが提供するサービスと連携させることができる。例えば、「BigQuery」を使ってアナリティクスを実行することも可能だ。

 SQL Serverがフルマネージドサービスとして提供されるのはこれが初めてだが、これまでも、顧客が所有する既存のライセンスやGoogleから購入したライセンスを利用し、SQL Serverを「Google Compute Engine」上に展開して利用することは可能だった。

 ほかにも同社は、「Cloud SQL for PostgreSQL」がバージョン11に対応したことを明らかにした。また、GoogleのNoSQLキーバリューストア・ワイドカラム型データベースである「Cloud Bigtable」でマルチリージョンレプリケーションが可能になったことも分かった。

 Googleは、自社のデータベース製品を充実させている一方で、MongoDBやDataStaxといったサードパーティーデータベース企業とのパートナーシップも広げている。

 GCPのストレージおよびデータベースの製品管理担当ディレクターDominic Preuss氏は、米ZDNetの取材に対して、GCPの目標は「ファーストパーティー製品とサードパーティー製品の両方に同じ条件を提供」し、それによって「顧客がそれらのソリューションのメリットを選択できるようにする」ことだと語った。

 Preuss氏は、法人顧客の多く、特に大企業が持っているデータベース管理に関するニーズ(例えばセキュリティや規制に対するコンプライアンスのニーズ)は、Googleがもっともうまく解決できるだろうと話した。

 同氏は、「もし顧客がGCPにはファーストパーティー製品が必要だという明確な要求を持っていれば、わが社はそれを提供する」と述べている。

 別のニュースとして、Googleはデータの長期保存のために設計された「Cloud Storage」の新しいアーカイブクラスを導入することを明らかにした。このクラスは2019年中に導入される予定で、価格は1Gバイトあたり月額0.0012ドル(1Tバイトあたり月額1.23ドル)となっている。

 この新しいアーカイブクラスは、テープアーカイブの代わりに利用することを前提として設計されたものだ。これを利用すれば、別個にデータの引き出し作業を行う必要がなくなり、データの内容に直ちに低遅延でアクセスできるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]