編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

Google Cloudが新たなサーバレスプラットフォーム「Cloud Run」発表

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-04-10 13:20

 Google Cloudは、コンテナ化されたアプリケーションを実行できるポータビリティに優れたフルマネージドサーバレス実行環境、「Cloud Run」を発表した

 Cloud Runは、コンテナ化されたプラットフォーム、そして特に「Kubernetes」に対するGoogleの強みを生かして、同社のサーバレススタックを強化するものだ。また、このサービスは同社のさまざまな製品とも統合されており、マネージドサービスとしての特徴と、開発環境としての特徴の両方を併せ持っている。

 Google Cloudはサーバレスコンピューティングに関して、「ファンクションアズアサービス」に近いアプローチを取っている。サーバレスコンピューティングはもともと、管理不要のターンキー式ソリューションとして「Amazon Web Services」(AWS)が先駆けていたもので、その魅力はサーバのプロビジョニングにかかる時間を節約して、関数に力を集中できる点にある。Googleは、コンテナと関数をサーバレスコンピューティングと結びつける方向を目指しており、Microsoft Azureも同様のアプローチを取っている。

サーバレスアプリケーションから利用できるさまざまなサービス
提供:Google Cloud

 ニュアンスは異なるものの、サーバレスコンピューティング環境はAWS、Google Cloud Platform、Microsoft Azure、IBM Cloud Functionsなど、さまざまなクラウドプロバイダーから提供されている。

 Cloud Runは「Google Kubernetes Engine」(GKE)上でも利用でき、またAPIとランタイム環境である「Knative」をベースにしている。さらにGoogleは、「Cloud Functions」と「App Engine」にも新たに投資を行い、第2世代のランタイム、オープンソースの「Functions Framework」を提供するほか、GCPリソースへのプライベート接続を含むコア機能を追加している。

Googleが提供するサーバレススタック
Googleが提供するサーバレススタック
提供:Google Cloud

 Googleの製品管理担当ディレクターOren Teich氏は、Cloud RunはステートレスなあらゆるDockerコンテナをシームレスに扱えるポータビリティを提供すると述べている。ここでのキーワードは「ステートレス」だ。レガシーなJavaサーバ、文書処理を行うソフトウェア、統計分析ツールなどがCloud Runで簡単に利用でき、スケールさせることができるだろうと同氏は付け加えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]