編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
PDF Report at ZDNet

クラウド移行で知るべきコンテナの基本

PDF Report@ZDNet

2019-02-18 07:00

 ITインフラストラクチャは物理サーバから仮想サーバへ、そして、仮想サーバを標準とする物理環境の統合化を経て、クラウドベースへの移行が本格的な段階に突入している。Dockerなどコンテナによるサーバレスアーキテクチャの採用も、オンラインビジネス主体の企業だけではなく、多くのエンタープライズにおいて検討の対象となり始めた。

 コンテナは、当初においてはDevOpsなどを用いた新しいサービスの高速開発・リリースを実現するテクノロジとして注目されたが、昨今では業界を問わず世界的に広がるデジタルトランスフォーメーションの潮流を背景に、クラウド時代のワークロードに欠かせないデファクトスタンダードの地位を獲得した。コンテナの普及に伴い、生じた運用管理の課題を解決するためのKubernetesもまた、急速な進化を遂げている。

 もはやコンテナは、一部の先進的な企業あるいはクラウドネイティブな新しいワークロードのためだけのテクノロジではない。オンプレミスで長らく稼働し続けてきたレガシーシステムのクラウド化も待ったなしであり、2000年代半ばに始まったITインフラの仮想化は最終ステージに来た。そこで、企業がコンテナベースのITインフラを導入していく際に理解しておくべき“基本”をお届けする。

「クラウド移行で知るべきコンテナの基本」を読む
「クラウド移行で知るべきコンテナの基本」を読む

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]