編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
PDF Report at ZDNet

これからが気になるRPA市場の行方

PDF Report@ZDNet

2019-02-04 07:00

 これまで人手で行っていた定型業務をソフトウェアロボットで自動化するロボティックプロセスオートメーション(RPA)。従業員の生産性を向上するための仕組みとして大きな話題を集めているが、2019年も引き続き注目のキーワードになるだろう。

 近年のトレンドとしては、RPA単体ではなく、AI(人工知能)や機械学習、OCR(光学文字認識)などの技術と結び付け、より大きな業務改善の効果を引き出そうとしている。こうした流れから、“インテリジェントオートメーション”と呼ばれることもある。

 また、RPAに関する専門知識を有した人材へのニーズが高まりを見せている。日本の労働力不足が深刻さを増す中で、RPAを導入している企業は増加しており、人材確保の動きが活発化している。今回はRPA市場の今後を占う上で、押さえておくべきポイントをまとめた。

「これからが気になるRPA市場の行方」を読む
「これからが気になるRPA市場の行方」を読む

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]