編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
海外コメンタリー

Microsoft Igniteで披露されたデータサービスやアナリティクスのニュースを振り返る

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-11-13 07:30

 Microsoft主催のイベント「Ignite」の基調講演では、データサービスやアナリティクスに関するニュースが数多く発表された。筆者はすでに、米ZDNetで「Azure Synapse Analytics」、「SQL Server 2019」の一般提供開始、「Power BI」のデータ保護に関する新機能についての記事を書いた。しかし、データサービスやアナリティクスに関する発表は、ほかにも大量にあった。

クラウドデータベースをどこでも利用できる「Azure data services anywhere」

 米国時間11月4日に発表されたその他のニュースの中でもっとも重要なのは、「Azure Arc」のリリースだろう。この技術は、「Azureのサービスをどこにでも展開し、Azureの管理の仕組みをあらゆるインフラに拡大することを可能にする」ものだ。またMicrosoftは、Azure Arc関連のデータサービスに関する内容の1つとして、「Azure data services anywhere」を発表した。この機能は、「Azure SQL Database」と「Azure Database for PostgreSQL Hyperscale」の両方を、オンプレミスやその他のあらゆるインフラで実行することを可能にする。Azure data services anywhereはArcをベースにしているため、これらのデータベースのすべてのリソースの管理は、「Azure Portal」が提供する統合された管理環境から行うことができる。

 Azure data services anywhereの実現には、Arcだけでなく「Kubernetes」も重要な役割を果たしているようだ。Kubernetesは、マルチクラウドやハイブリッドクラウドを可能にする技術として業界全体に広がりつつあるが、その働きは双方向的だ。Kubernetesを使うことで、上述のクラウドネイティブな2つのデータベースがオンプレミスやほかのパブリッククラウドで利用できるようなるのと同じように、オンプレミスのSQL Server 2019の「ビッグデータクラスター」も、クラウドで「Azure Kubernetes Services」(AKS)やその他のKubernetesサービス上に展開できるようになる。Kubernetesを利用したハイブリッドクラウドで可能になるのは、オンプレミスソフトウェアをクラウド上のIaaSの仮想マシンで実行することだけではない。クラウドのマネージドサービスを、オンプレミスやほかのパブリッククラウドプラットフォームで実行することも可能になりつつある。

 Microsoftは今後、これら2つのデータベース以外のサービスも、Azure data services anywhereで利用できるようにするとしている。従っていずれは、「Azure HDInsight」(HDI)も利用できるようになるかもしれない。HDIは、「Apache Hadoop」や「Apache Spark」などをはじめとするオープンソースのアナリティクスエンジンやフレームワークを利用するためのマネージドサービスだ。Arcが「Google Anthos」に似ていることを考えれば、HDIがAzure data services anywhereで利用できるようになっても不思議はない。Google CloudのJames Malone氏は筆者に、Google Anthosを使って、「Google Kubernetes Engine」(GKE)以外のKubernetesサービスでも、「Cloud Dataproc」(Google Cloudが提供するHDIに相当するサービス)を動かせるようにするかもしれないと話してくれたことがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]