IPv6(Internet Protocol Version 6)とは?

インターネットの通信規約(プロトコル)の1つ。現在主流となっているIPv4に代わるものとして、インターネット技術の標準化団体であるInternet Engineering Task Force(IETF)によって1995年に基本仕様が策定された。

最大の特徴はIPアドレスの長さを拡張したことで、IPv4では32ビットであるのに対し、IPv6では128ビットになった。これにより、割り当て可能なIPアドレスの数が2の32乗(約43億)個から2の128乗(約340澗=340兆×1兆×1兆)個に増えるため、インターネットの急速な普及やインターネット接続機器の増加によって生じたIPアドレス枯渇の問題が解消すると期待されている。

ただしIPv4との互換性がなく、移行にはハードウェアやソフトウェアへの追加投資が必要となる。このため、移行に時間を要しているのが現状である。

インターネット資源の管理団体であるInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)は2011年、IPアドレスの中央在庫が事実上ゼロになったことを明らかにしている。地域単位の管理を担う5つの地域インターネットレジストリ(RIR)でも、うち3つがすでに枯渇状態となっている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 企業買収

    ある企業が他社の株を支配的な保有数まで買い占めること。(合意による)友好的な場合もあれば、(合意を伴わない)敵対的な場合もある。...(続きを読む)

  5. 5 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  6. 6 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  7. 7 Microsoft Inspire

    米Microsoftがパートナー向けに展開するイベントで、2017年は米国ワシントンD.C.で開催した。2016年までは「Micros...(続きを読む)

  8. 8 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  9. 9 デジタル教科書

     デジタル教科書とは、デジタル機器や情報端末向けの教材。教員が電子黒板などを使って児童生徒に提示して指導するための「指導者用デジタル教...(続きを読む)

  10. 10 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

注目のキーワード

プログラムマネージャー(プロジェクト管理)
プロジェクト管理用語として使用する場合、プログラムを管理する権限を持つ人物のことを指す(これは役...
続きを読む
ポストPC
これまで企業内の情報システムの端末はPCがメインだったが、PC以外の端末が多様化している状況を指す。W...
続きを読む
プロジェクト定義(憲章)
プロジェクト管理用語。プロジェクトを開始する前に、プロジェクトの全体的な目標を知っておくことに加...
続きを読む
データマート
データウェアハウスから、企業の特定のサブジェクト領域(売上、財務、マーケティングなど)の情報を取...
続きを読む
提案依頼書(Request For Proposal、RFP)
組織が複数のベンダーに対し可能性のあるソリューションやサービスの提示を求める正式な依頼書だ。組織...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]