NTT東西、固定電話のIP網移行を2024年1月1日から正式実施

ZDNET Japan Staff

2023-12-14 16:23

 NTT東日本とNTT西日本は12月14日、固定電話のIP網への移行作業を2024年1月1日から順次実施すると発表した。契約者側での手続きや工事などは必要ないとしている。

 固定電話のIP網移行は、公衆交換電話網(Public Switched Telephone Network:PSTN、いわゆる固定電話)をIPベースに切り替えるもの。NTT東西は、2010年から順次この移行関するスケジュールや影響などを公表し、移行開始を2024年1月1日からとしていた。今回の発表により、IP網への移行が予定通り実施されることになる(関連記事)。

 固定電話のIP網への移行により、今後は固定電話および公衆電話から固定電話への通話料金が全国一律の体系(携帯電話への発信は対象外)になる。一方で、「短縮ダイヤル」など幾つかのサービスが終了になる。

 移行についてNTT東西は、(1)契約者が利用中の電話番号と電話機を引き続き利用できる、(2)切替工事中に通話や通信の切断が起きない、(3)料金体系が切り替わるタイミングをまたいだ際の通話の料金は通話終了時点の料金体系に基づいて課金――と説明している。また、今回の移行に便乗する悪質な販売行為などへの注意も呼び掛けている。

 地域ごとの各種の切替時期は都道府県によって異なり、NTT東西では最終的な切替えを2024年1月31日未明頃としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]