編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

固定電話のIP網移行で従来型EDIは使用不可--JISAが対策公開

ZDNet Japan Staff

2018-05-23 17:37

 情報サービス産業協会(JISA)は5月22日、EDI(電子データ交換)を利用する企業やEDI関連事業者向けに、「固定電話網のIP網移行によるEDIへの影響と対策」に資料を発表した。2025年に予定されるNTT東西の固定電話網のIP化で従来型のEDIが使用できなくなることから、早期対応を呼び掛けている。

 固定電話網のIP網移行は、2024~2025年初頭に実施される予定で、2017年10月にNTT東西が計画を公表した。これによって、INSネットディジタル通信モードのサービスが2024年1月に終了し、同サービスやアナログモデムなどを使った従来型のEDIを使った企業間の受発注などのやり取りが不可能になる。JISAでは、「金融、製造、流通など全産業の取引に及び、社会的にも大きな課題と認識されている」と解説している。

 JISAは、2015年12月に「EDIタスクフォース」を立ち上げ、総務省や経済産業省、NTT東西、関連業界団体などと連携して、この対応に向けた活動を進めてきたという。公表した資料では、固定電話網のIP網移行に関する概要やインターネットEDIへの移行方法と確認点の解説、全銀協標準通信プロトコル(TCP/IP手順・広域IP網)の利用に関するガイドラインなどの情報を提供している。

NTT東西の固定電話網からIP網への移行イメージ(出典:NTT東日本・NTT西日本の広報資料)
NTT東西の固定電話網からIP網への移行イメージ(出典:NTT東日本・NTT西日本の広報資料)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]