海外コメンタリー

IPv6の何が重要?今やるべきことは?--ポイントを分かりやすく解説

Michael Kassner (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2016年01月06日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、IPv6(Internet Protocol Version 6)がなぜ重要なのかや、なぜ複雑なのか、そして今何をしなければならないのかを含め、押さえておくべき点すべてを解説する。


提供:iStock/agsandrew

 IPアドレスを使用することで、コンピュータをはじめとするデジタル機器はインターネットを介して互いに通信できるようになる。これは簡単に言えば、あるコンピュータから別のコンピュータに電子ファイルを送信したいのであれば、送信先の機器のIPアドレスを知っていなければならないという話だ。そしてこれは、機器それぞれに固有のIPアドレスを割り当てておかなければならないということも意味している。

 機器それぞれに固有のIPアドレスを確実に割り当てるという作業を影で支えているのは、非営利団体のInternet Corporation for Assigned Names and Numbers(ICANN)であり、その下部組織であるInternet Assigned Numbers Authority(IANA)が、IPv4とIPv6という2種類のIPアドレス体系の管理責任を担っている。


IPv4のアドレス体系(32ビットで構成されているため、その上限は4,292,967,296となる)
提供:FCC

 IPv4というアドレス体系は1983年に採用され、現在でも最も広く使用されている。これは32ビットの2進数で構成されており、通常は上図のように8ビット単位に分けられ、ピリオドで区切られた4つの10進数として表現される。

 図でも示されているように、32ビットの数値体系ではアドレス数の上限は42億強となる。このため、専門家らは既に2008年の時点で、ICANNの割り当てる番号が枯渇するという危惧を抱いていた。さらに、IoT関連の識者の予測が正しければ、2015年末までにIoT機器の総数がIPv4によってサポートできるアドレスの数を上回ってしまうのだ。

エグゼクティブサマリー

  • IPv6とは何なのか?:そもそもIPアドレスとは、家やビルを区別するために用いられる住所とさして違いはない。IPv6はIPv4と同じく、(インターネットなどを介して)ネットワーク接続されたデジタル機器に割り当てられるアドレスの発番方法を定義する規約だ。
  • なぜIPv6が重要となるのか?:IPv4を用いたIPアドレスはまもなく枯渇する。さらに重要なことに、インターネット自体の利用はIPv6を用いた方がスムーズなものとなる。
  • 切り替えはいつ実施されるのか?:現在実施されているところだ。ただ、移行のペースは緩やかなものとなっている。
  • 誰が影響を受けるのか?:すべての人々だ。家庭のコンシューマーから、大企業の従業員に至るまで、インターネットにアクセスする必要がある人はすべからく影響を受ける。
  • 個人として何かする必要があるのか?:使用しているネットワークがIPv4とIPv6のいずれを使用しているのか、あるいは双方に対応しているのかをテストするサイトが数多く存在している。そのうちの1つにアクセスしてみてほしい。
  • IPv6もIPv4のように枯渇するのか?:IPv6では2の128乗(約340澗、すなわち約3.4×10の38乗)ものアドレスを扱えるため、枯渇する心配はないという大胆な予想をする人もいる。ただ、IPv4(RFC 791)が公開された1981年にも同じような発言を耳にした覚えが筆者にはある。
  • IPv5はどうなったのか?:Internet Protocol version 5(IPv5)は承認に至らなかった。IPv5は、リアルタイムストリーミングのプロトコルを実験的に定義したものであり、最終的にAsynchronous Transfer Mode(ATM)に取り込まれた。IPv5という名称は混乱を避けるために使用されなかったため、IPv4の次はIPv6ということになる。

IPv6とは何なのか

 IPv6では128ビットのアドレス体系を用いることで、約340澗のアドレスが扱えるようになっているため、当面の需要には十分応えられるはずだ。十分な数のアドレスが利用できるほか、IPv6にはネットワーク管理やモビリティサポート、QoS(Quality of Service:サービス品質)の改善といったメリットもある。


IPv6のアドレス体系(128ビットで構成されているため、その上限は340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456となる)
提供:FCC

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]