2016年に予想されるサイバーセキュリティ問題トップ10

Michael Kassner (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年12月10日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「インターネットはキメラのようなものだ」。ミネソタ州立大学ムーアヘッド校で計算機科学の准教授を務めるAndrew Chen氏はこう述べる。「これは、さまざまな要素が融合した化け物だ。最初は強力なものに見え、次第に魅惑的になり、最後に危険な存在になる」。現在のインターネットに対するこのChen氏の見方に反論することは難しい。また2016年にも、状況が悪くなることはあっても、良くなることはないだろう。その理由はこうだ。

1.国によるサイバー諜報活動がさらにエスカレートする

 20人のサイバーディフェンスの専門家が執筆し、Cambridge University Pressから出版された「The Tallinn Manual」では、サイバー諜報活動の定義を「敵対組織に伝達する目的で、電子的な手段を用いて情報を収集するために、秘密裏に行われた活動または偽装して行われた活動」としている。

 2016年には、スパイ的な活動はさらに増えるだろう。国家は地球上のあらゆる人間を監視するようになる。収集された情報は、経済的優位を得るため、そして地政学的な対立で電子的な武器として使用される。

1.国によるサイバー諜報活動がさらにエスカレートする

 20人のサイバーディフェンスの専門家が執筆し、Cambridge University Pressから出版された「The Tallinn Manual」では、サイバー諜報活動の定義を「敵対組織に伝達する目的で、電子的な手段を用いて情報を収集するために、秘密裏に行われた活動または偽装して行われた活動」としている。

 2016年には、スパイ的な活動はさらに増えるだろう。国家は地球上のあらゆる人間を監視するようになる。収集された情報は、経済的優位を得るため、そして地政学的な対立で電子的な武器として使用される。

提供:iStock

Scroll Right Scroll Left
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算