海外コメンタリー

「Windows 3.1」含む空港システムで障害発生--時代遅れのテクノロジは悪なのか?

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子 2015年11月27日 06時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月初旬のある悪天候の日、パリのオルリー空港で航空機の離着陸が一時的にできなくなる状況が発生した。その原因は23年前にリリースされた、古色あふれるOS「Windows 3.1」が稼働するコンピュータシステムのクラッシュにあった。


提供:Imgur

 現地時間11月7日、パリで最も利用客数の多い空港の1つであるオルリー空港では、DECORと呼ばれる古いコンピュータシステムが機能停止に陥ったため、飛行機の離着陸が数時間にわたって中断された。DECORは、航空管制システムとフランス気象局を接続するためのシステムだ。

 現在の大学生のなかには、このシステムよりも若い人たちがいることを考えてもらえば、その古さを実感できるはずだ。

 確かに、国家のインフラを構成する重要なシステムのなかには、何年にも、場合によっては何十年にもわたって使用され続けてきているものもある。重要なインフラシステムは、どのようなものであれ、ほとんど障害を発生させずに、ほぼ100%の稼働時間を維持する必要がある。

 今日でも現役として使用されている重要なネットワークやシステムのなかには、ひどく陳腐化しているものもある。しかし、それは必ずしも悪いことであるとは言えない。

 フランスの航空管制局労働組合の1つで幹部を務めるAlexandre Fiacre氏がVICE Newsに語ったところによると、今回障害が発生したシステムは、「Windows XP」やUNIXをも含む4種類のOSが稼働する、「いずれも10〜20年前の」さまざまなマシンで構成されているという。

 Le Canard Enchaînéの記事によると、フランスの運輸大臣が同空港の機材を「2017年までにアップグレードする」と約束したという。しかしFiacre氏は、「最短でも」2年から4年はかかるだろうと述べている。

 ここでの大きな問題は古くなったソフトウェアではなく、そうしたソフトウェアを退役させるまで誰がメンテナンスし続けるのかという点にあるのかもしれない。Fiacre氏によると、同システムの主要なメンテナンス担当者の1人が2016年に引退する予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化