北米のIPv4アドレス空間がついに枯渇

Toby Wolpe (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-28 14:39

 北米(米国、カナダ、カリブ諸国)でIPアドレスの割り当てを行う当局であるAmerican Registry for Internet Numbers(ARIN)は、IPv4アドレスのプールが初めて枯渇したと発表した。

 ARINは9月24日、32ビットIPアドレスの最後のアドレスプールを発行した。IPアドレスはインターネット上にある端末を識別するにあたって不可欠な情報だ。

 インターネットがまだ黎明期だった頃、43億というIPv4アドレスは十分と考えられていた。だが1995年にInternet Engineering Task Force(IETF)が後継プロトコルIPv6を発表して以来、IPv4アドレスの枯渇が与える影響を危険視する声も出ていた。

 IPv4のアドレスプールが枯渇したことを受け、これまでのように北米地域の個人、企業、サービスプロバイダにIPv4アドレスが割り当てられることはない。

 「IPv4のフリープールが枯渇したため、企業や組織がIPv6への移行のためにわずかなIPv4アドレスブロックをリクエストする、あるいはエクスチェンジポイントの運用などの特別な目的のために割り当てるなどの場合を除くと、ARINはIPv4アドレス空間のリクエストに応じることができない」とARINは声明文で述べている。

 これを受け、ARINは128ビットのIPv6アドレスを利用することを推奨している。

 ARINのプレジデント兼CEOのJohn Curran氏は、将来的にはARINがInternet Assigned Numbers Authority(IANA)から受け取ったり、ARINが返却などで得たIPv4アドレス空間は割り当てを待つ待機リストの需要を満たすのに使われるだろうと予想している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向 けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]