Microsoft Officeとは?

マイクロソフトはOfficeをクラウドで利用できるようにする「Office 365」に注力している。業績を支える意味でもOfficeの役割は大きく、今後の同社の屋台骨を支える意味でも重要になってくる。また、Office 2013は2013年に発表されたオフィスソフトの最新版。2011年10月から提供されているクライアントOS「Windows 8」のタブレットでも稼働することを前提にしており、タッチ操作に対応した。従来製品と同じようにパッケージで販売されるほか、オンラインで提供される予定。同社のクラウドサービス「Windows Azure」でもホスティングされるとみられている。なお、「Office 2013」は正式名称ではない。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  4. 4 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  5. 5 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  6. 6 Sapphire Now

    SAPユーザー向け年次イベント。2016年5月に米フロリダ州オーランドで開催した「Sapphire Now 2016」ではMicrosoft...(続きを読む)

  7. 7 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトの年次開発者向けカンファレンス。3回目として、2016年5月24日と25日の2日間にわたり開催された「de:code 20...(続きを読む)

  9. 9 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  10. 10 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

注目のキーワード

HaaS
「Hardware as a Service」の略称。ハードウェア自体をサービスとして提供すること。IaaSの一種である。...
続きを読む
ハイパーバイザ
単一の物理コンピュータ上で、複数のOSを稼働できるようにする仮想化技術のこと。 広義ではホスト型ハ...
続きを読む
RTB(Real Time Bidding)
広告1表示ごとに、リアルタイムのオークション方式で広告表示する方式。広告主や広告会社から入札された...
続きを読む
CRM
Customer Relationship Managementの略。ソフトウェアを利用して、顧客との関係を良好なものにし、自社...
続きを読む
ソーシャルエンタープライズ
ソーシャルメディアの特長や機能を企業の業務に活用する動き。大きくは、企業の外側にいる顧客に向けた...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR