編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

データベースのAWS移行を効率よくこなすには?

ZDNet Japan Ad Special

2017-09-11 11:00

[PR]ZDNet JapanおよびTechRepublic Japan主催、AWS Partner Network協賛で、クラウドの中心的存在である「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」をテーマにした5週連続セミナーが開催された。

 ZDNet JapanおよびTechRepublic Japan主催、AWS Partner Network協賛で、クラウドの中心的存在である「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」をテーマにした5週連続セミナーが開催された。2017年7月26日に行われ第5回のテーマは「データベース」。関連企業が登壇したセッションでは、データベースのAWS移行について知っておくべき要点や利用すべきツールなどが紹介された。ここではその内容をレポートする。

クラスメソッド:データベースの移行で押さえるべきポイント


クラスメソッド
AWS事業部 部長
佐々木大輔氏

 クラスメソッドのセッションでは、AWS事業部の佐々木大輔氏が登壇。「クラウドを活用したデータベース移行と、ビジネスを止めないAWSインフラ環境の事例について」と題する講演を行った。同社は、AWSの専門分野で習熟した技術と経験を持つパートナーで、AWSマイグレーション、AWSビッグデータなどのコンピテンシー認定を取得している。データベース移行の実績も豊富だ。

 例えばSBギフトのケースでは、既存データベースからAmazon Aurora(Aurora)へのデータ移行で「AWS Database Migration Service(DMS)」を使って容易で高速なデータ移行を支援。また、産経デジタルのケースでは、データベースエンジンをOracle DatabaseからMySQLへ、MySQLからAuroraへと段階的に移行させて信頼性を担保した。アットホームのケースでは、当時ベータ版だったDMSの評価をサポート、AWSと連携して開発チームにフィードバックを行った。

 「データベースのクラウド移行では、情報セキュリティポリシーの扱い、付随するシステムへの変更、停止時間やデータ損失のリスクなどを考慮することがポイントです」(佐々木氏)

必要な情報の洗い出しから始める

 データベースをクラウドに移行する際の「あるべき姿」は、オールインクラウドだ。すべてを移行することで、ハイブリッド構成の際のレイテンシや管理コストを下げ、スケーラビリティを確保することができる。

 実際の移行にあたっては、必要な情報の洗い出しから始める。ポイントは、情報セキュリティポリシーの確認、移行元データベースの調査、移行先データベースの選定、移行先データベースのRDBエンジンの選定だ。

 「Oracle Databaseからの移行先としてはAuroraが選定されることが多いです。MySQL 5.6互換のフルマネージドサービスで、PostgreSQLエンジンのプレビューも始まっているので今後、移行が加速するでしょう」(佐々木氏)

 移行方法としては、データの一括移行、マスターデータを先に移行する段階移行、レプリケーションツールなどを使った同期移行がある。AWSが提供するツールにはDMSやスキーマ変換ツール(SCT)がある。

 佐々木氏は「DMSを利用する場合に重要なのは、検証環境を用意して試すこと、データ移行が正常に行われたかを確認する方法を決めておくこと、DMS/SCTの制限事項や使い方についてドキュメントをよく読むことです」とアドバイスした。


※クリックすると拡大画像が見られます

※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]