ソニー、出井会長ら退任へ--後任CEOはH・ストリンガー副会長に

Richard Shim(CNET News.com) 2005年03月07日 10時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーの取締役会は、同グループの新しい最高経営責任者(CEO)兼取締役会議長に、英国生まれのHoward Stringer副会長を選出しようとしている。

 ソニー関係者は、米国時間6日にThe New York Timesのウェブサイトに掲載された報道の内容を認め、最終的な決定は6月に予定される株主投票後になると述べた。Stringerは出井伸之会長の後任として、同社初の外国人リーダーとなる。

 今回の経営陣の交代は、ソニーや他の家電メーカーがとりわけ厳しい局面を迎えているなかで行われることになる。家電市場では、中国メーカーからの挑戦や競争の激化によって利幅が減少し、淘汰が進みつつある。

 ソニーの関係者によると、同社ナンバー2の安藤国威社長も出井会長とともに退任し、代わって中鉢良治副社長が社長に就任するという。同社は、他の経営陣交代についてはコメントを差し控えたが、今後ほかにも交代があるとした。

 ソニーは代々日本人をトップに起用してきたことから、Stringerの選出は予想外の人事といえる。出井会長の後任としては、大成功を収めたPlayStationの生みの親として知られる久夛良木健副社長や安藤社長が有力とみられていた。

 StringerがCEOに就けば、ソニーの家電部門とエンターテインメント部門との協力関係がさらに深まることになる。同社はこれまで自社がエンターテインメント業界と家電業界の双方で有力なポジションにつけていることを利用しようとしてきた。しかし、この戦略はいまのところあまり芳しい成果を挙げていない。

 Stringerはこの戦略をさらに推し進めるとみられる。

 同氏は先ごろ行われたCNET News.comとのインタビューのなかで、変化のスピードを加速させなくてはならないと主張していた。

 「コンテンツがなければ、ほとんどのデバイスはゴミに過ぎない」と同氏はこのインタビューのなかで述べていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化