編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ベンチャーキャピタリストになったビル・ジョイ

Chris Jablonski(ZDnet.com)

2005-04-01 20:55

 Sun Microsystemsの共同創業者でチーフサイエンティストだったBill Joyが、同社を辞めたのは2003年9月のことだった。そのJoyがいま名門ベンチャーキャピタルKleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)のパートナーとして暴れ回っている(KPCBが投資した企業のなかにはAmazon.com、Google、Netscape、Sunなどがある)。Joyはかつて、先進社会におけるテクノロジーの利用についての自らの考えを発表し、大論争を巻き起こしたことがあるが、先ごろNews.comとのインタビューのなかで再びこの話題に触れている。

 さらに同氏は、ベンチャーキャピタルの有望な投資先としてエネルギー分野をあげ、次のように述べている。

 「私はエネルギー分野に興味がある・・・この分野が素晴らしいのは、社会とのつながりがあるだけでなく、新たに効率性の高いエネルギーをつくり出し、それを経済に応用できる非常に大きなチャンスがあるからだ。今後10〜20年のうちに、この分野が経済に大きな変化を起こす可能性が高いが、その元となる数多くの事柄がいま実現してきている」

 原油の価格が1バレル100ドルを突破するとの予想もあるくらいだから、代替エネルギーはきっと、Joyにとってもまた他のベンチャーキャピタリストにとっても、大きな利益をもたらす分野になるはずだ。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]