トロイの木馬「Fontal.A」で、シンビアンOS搭載のノキア製端末がクラッシュ

Richard Shim(CNET News.com) 2005年04月07日 13時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンをクラッシュさせるトロイの木馬が出現したと、フィンランドのセキュリティ企業F-Secureが注意を呼びかけている。

 同社は現地時間6日、「Fontal.A」というこのトロイの木馬に関する詳細情報を自社サイトで公開した。それによると、Fontal.Aは、Symbian OSが動くNokia Series 60の携帯端末に感染するという。この勧告では、これまでに感染が報告されているかどうかは触れていない。

 スマートフォンを狙うトロイの木馬は、今回のFontal.Aが初めてではない。だがFontal.Aは「CommWarrior」トロイの木馬のように、無線通信技術のBluetoothや、あるいは画像、音声、動画を含むテキストメッセージを送信できるMultimedia Message Service(MMS)を経由して自己繁殖するタイプではなく、代わりにファイル共有やIRC(Internet relay chat)を経由して感染する。

 F-Secureによると、Fontal.Aは感染した携帯電話に「Kill Saddam By OID500.sis」という悪質なファイルをインストールしようとする。そして、このファイルをインストールしてしまうと、次回起動時に端末が途中でフリーズし、このウイルスが駆除されるまで利用できなくなる。

 Fontal.Aはアプリケーションマネージャにも細工を加え、新しいプログラムのインストールを妨害し、自身をアンインストールできなくしてしまう。この問題を解決するには、携帯電話を再フォーマットするしかない。だが、再フォーマットを行うと、端末内に保存されたデータがすべて消えてしまうとF-Secureでは説明している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算