凸版印刷、商品情報データベースのASPサービスを開始

エースラッシュ 2005年05月09日 20時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 凸版印刷は5月9日、商品情報データベース「GAMEDIOS」を利用したASPサービス「GAMEDIOS−ASP」を開始すると発表した。

 GAMEDIOSは凸版が開発した画像処理、色調整、印刷データの取り扱いに特徴を持つウェブベースの商品情報データベースパッケージシステム。同社によると、これまでに100社以上の導入実績があるという。GAMEDIOSではユーザー側が商品情報データベースサーバを管理していたが、GAMEDIOS−ASPは凸版がサーバを管理する。ユーザーは自社の商品情報をインターネット経由で登録して利用する。

 GAMEDIOS−ASPを導入するメリットとして、同社ではユーザー企業が自社でサーバを管理する必要がなく、導入初期費用や管理コストを削減することができる点、運用費用がデータ容量によって決まるため利用規模にあわせた料金プランで導入できる点を挙げている。ユーザー別にアクセスできる情報を制限する「アクセスコントロール機能」を備えており、例えば登録者と閲覧者、または複数の閲覧者ごとに閲覧・更新できる情報の設定が可能としている。

 同社の提案書作成ソフトウェア「プレゼン博士for Office」などソフトウェアと連携させることもできる。またオプション機能により、日本建材産業協会のデータベース「KISS(Kenzai Informaition Service System)」などの各種業界データベースとの連動も可能だ。

 価格は、初期費用が50万円から、運用費用が月額14万円から(いずれも税抜き)となっているが、利用するデータベースの設計やデータ管理容量によって変動する。同社では、2005年度の売上目標を2億円としている。

凸版印刷

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算