富士通が2GHz動作のSPARC搭載機を6月出荷

日川佳三(編集部) 2005年05月17日 18時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は6月初旬から順次、CPUの動作周波数を従来の1.89GHzから2.16GHzに向上させたSPARC搭載UNIXサーバ「PRIMEPOWER」を出荷する。価格は、1台の筐体に128CPUまで搭載可能な最上位モデル「PRIMEPOWER 2500」の場合、8個のCPU搭載時に1億1585万円から、128CPU搭載時に8億円程度から。販売目標台数は今後2年間で3万2000台。

 PRIMEPOWERは富士通製のUNIXサーバである。米Sun Microsystems製UNIXサーバ「Sun Fire」のOEMとは異なるものの、CPUにSPARCを搭載し、OSにSolarisを用いる。今回新たにSPARCの動作周波数を上げ、2.02GHz、2.08GHz、2.16GHzの3種類の動作周波数を用意した。開発プロセスは90ナノ・メートル。2006年中旬には、PRIMEPOWERとSun Fireの製品ラインを統一化した新サーバを出荷し、2.4GHz動作でデュアル・コア、マルチスレッドのSPARCを搭載する。

 今回出荷する新CPU搭載サーバの性能は以下の通り。整数演算性能のベンチマークであるSPECint2000の値は、2.16GHz動作のPRIMEPOWER 900で1594。AMDのOpteronやIntelのPentium4など高周波数動作のCISCプロセッサには及ばないものの、RISCでは1.6GHz動作のItanuim2の性能を押さえている。アプリケーション実行性能のベンチマークである独SAPの2階層SD(販売管理)ベンチマーク値は、128個のCPUを搭載したPRIMEPOWER 2500で2万1000同時ユーザー、平均応答時間1.91秒である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算