編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

サン、「Sun Java Enterprise System」に用途別スイートを設定

ニューズフロント

2005-06-01 15:18

 サン・マイクロシステムズは6月1日、サーバ向け基盤ソフト製品群「Sun Java Enterprise System」に、使用目的に合わせてコンポーネントの構成を変えた5種類のスイート製品「Sun Java System Suites」を追加して国内販売を開始した。また、Sun Java Enterprise Systemに7種類の新規コンポーネントを追加し、新版「Sun Java Enterprise System 2005Q1」として販売を始める。

 Sun Java System Suitesは、Sun Java Enterprise Systemから必要性の低いコンポーネントを除き、目的に適したコンポーネントだけに絞って再構成したスイート製品。基幹業務アプリケーション向けやユーザー情報(アイデンティティ)管理システム向けなど、顧客のシステム環境で重要度が高い5種類の用途に最適化している。「用途に応じてコンポーネントを特定することで、フルパッケージの通常版より安価になり、プロジェクト単位での導入も容易になる」(同社)

 各スイート製品の概要は以下の通り。

  • 「Sun Java Application Platform Suite」:
     基幹業務Javaアプリケーション向け。J2EE 1.4準拠のアプリケーションサーバを中心とし、サービス指向アーキテクチャ(SOA)ベースのシステム設計、開発、導入、運用管理に必要なソフトウェアを統合

  • 「Sun Java Availability Suite」:
     高可用性システム向け。システムの連続運用性を高めるクラスタソフトウェアと開発ツールで構成

  • 「Sun Java Communications Suite」:
     コミュニケーション基盤システム向け。各種コミュニケーション/コラボレーションサービス用のソフトウェアで構成

  • 「Sun Java Identity Management Suite」:
     アイデンティティ管理システム向け。ユーザー情報の利用、共有、管理に必要なソフトウェアで構成

  • 「Sun Java Web Infrastructure Suite」:
     セキュアなウェブアプリケーションインフラ向け。アプリケーションサーバやウェブサーバなどの基本的なソフトウェアに加え、シングルサインオン用ソフトウェアも含む

 Sun Java Enterprise System 2005Q1に対しては、アイデンティティ統合管理用の「Sun Java System Identity Manager」および「Sun Java System Directory Server Enterprise Edition」や、Javaアプリケーション統合開発環境用の「Sun Java Studio Enterprise」など、新たに7つのコンポーネントを追加した。対応OSは、SolarisとLinux。今後、Windows、HP-UXにも対応する予定。2005年中に出荷を開始する。

 従業員1人当たりの年間ライセンス価格は、Sun Java System Suitesの各スイートが5600円から、Sun Java Enterprise System 2005Q1が1万9000円から。

サン・マイクロシステムズ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]