フィッシングの手口を使うMytob亜種が出現

Ingrid Marson (ZDNet UK) 2005年06月10日 16時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィッシングと同じ手口を使ってコンピュータへの感染を試みるMytobワームの亜種が出現したと、セキュリティ対策の専門家が警告している。

 セキュリティ対策企業Sophosの米国時間8日付けの発表によると、最新のMytob亜種は電子メールメッセージをばらまき、悪質なプログラムをホスティングするウェブサイトにユーザーをおびき寄せようとするという。Mytob亜種が送信する電子メールには、悪質なウェブサイトのURLが記載されている。これまでのMytobは、感染したPCにバックドアプログラムを植え付け、独自の電子メールエンジンを使って、PCに保存された電子メールアドレスに自分自身のコピーを送りつけるものだった。

 最新のMytob亜種は、受信者が所属する会社のIT部門やインターネットサービスプロバイダから送信されたメッセージに見せかけた電子メールを、ユーザーに送りつける。このメッセージには、自分の電子メールアカウントにセキュリティ上の問題が見つかったので、リンク先のホームページを開いて自分のアカウント情報を確認するように記載されている。ここには、本物らしく見えるように、受信者のドメイン名や電子メールアドレスも書かれている。

 SophosのシニアテクノロジーコンサルタントGraham Cluleyによると、この電子メールはIT部門にとって悩みの種になる可能性があるという。受信者はIT部門からの指示だと思い込んで、リンク先のサイトにアクセスしてしまう可能性が高いからだ。

 「新種のMytobワームは、このような手口を使って、不用心なユーザーを危険なウェブサイトへ誘導しようとしている。これは、IT部門にとって非常に頭の痛い問題だ。IT部門は通常、いかにしてユーザーを指示に従わせようかと苦心するものだが、この場合は逆に、ユーザーは電子メールの指示に従ってはならない」(Cluley)

 フィッシングとは、銀行やプロバイダなど信頼ある企業からのメールに見せかけた偽メールを送りつけることで、ユーザーを偽のウェブサイトにおびき寄せ、口座情報などの個人情報を盗み出そうとする行為。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算