編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ファイルメーカー、「FileMaker Solutions Alliance」を刷新し再スタート

エースラッシュ

2005-06-15 18:12

 ファイルメーカーは6月15日、ソフトウェアエキスパートのための「FileMaker Solutions Alliance(以下、FSA)」プログラムを全面的に刷新、新たにスタートさせたと発表した。

「FSA」とは、「FileMaker」製品に関するソリューションやサービスを提供するエキスパートのためのマーケティングプログラムだ。「Subscriber」「Associate」「Partner」という3種類のメンバーカテゴリに分類されており、参加者は米FileMaker, Inc.が保有するテクニカル・リソースをいち早く活用できるほか、優れたソリューションを効率的に開発し、ビジネスを成功に導くことができるというもの。

 今回の刷新では、これまでSIベンダー/ソフトウェア開発会社/コンサルタント/トレーニングスクールとなっていたメンバー資格が、企業内のIT担当者/ソフトウェア開発者/トレーナーなども含むすべてのソフトウェア・エキスパートに拡充。また、国内に限定されていたメンバー特典や活動内容についても大幅に拡充している。

 1年間のメンバーシップ費は、「Subscriber」が税別2万4000円、「Associate」が5万9000円、「Partner」が7万9000円となっている。

ファイルメーカー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]