編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

RSAセキュリティが著作権保護技術をハードウェアに実装するツールキットを発売

ニューズフロント

2005-06-28 15:55

 RSAセキュリティはデジタル著作権やコンテンツ保護の機能をハードウェアに組み込むための暗号化ツールキット「RSA BSAFE Mobile Rights Management(MRM)」を6月29日に発売する。同キットを利用すると、モバイル通信に関する業界団体であるOpen Mobile Alliance(OMA)のデジタル著作権保護仕様「OMA DRM v2.0」に準拠した技術を実装できる。

 同社の各種暗号化ツールキットと公開鍵インフラ(PKI)製品を組み合わせており、デジタル証明書ベースの認証や証明書失効検証といった機能を一括提供する。「デジタルコンテンツに対して“1カ月間だけ再生可”“3回まで再生可”といった制限を設けることができ、デジタル著作権を管理しながらさまざまなサービス形態でコンテンツの提供が可能となる」(同社)

 価格は、実装対象製品やサービス形態などにより異なる。

 RSA BSAFE MRMは、6月29日〜7月1日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される組込みシステム開発技術展に、東芝情報システムとイーソルが出展する。

RSAセキュリティのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]