編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

サン、RFID端末用ソフト「Java System RFID Software」の最新版を発表

Martin LaMonica (CNET News.com)

2005-06-30 20:41

 Sun Microsystemsは米国時間29日、RFIDリーダー上でのJavaプログラムの稼働を可能にする「Java System RFID Software」の最新版を発表した。

 今回発表されたのはJava System RFID Softwareの2つ目のバージョン。Sunによると、同ソフトウェアは、RFIDタグから送られるデータを収集する端末の上で稼働するという。Sunは、カリフォルニア州サンフランシスコで開催中の「JavaOne Conference」で最新版を発表した。

 SIS Technologies、Intermec、ThingMagicなどのRFID機器メーカーも同日、このソフトウェアを自社製品上で利用する意向を表明している。

 Sun Java System RFIDを搭載するRFIDリーダーは、プログラムによる制御が可能になる。そのため、こうしたリーダーを使って、収集した大量の在庫データをバックエンドサーバに送信するだけでなく、データをフィルタリングするなどの処理を行うことが可能になるとSunは述べる。

 Java System RFIDは、Javaのデスクトップ版「Java Standard Edition(Java SE)」、携帯電話などの小型端末上で動く「Java Micro Edition(Java ME)」に対応する。

 Java SEに対応したバージョンは既に販売されている。Java ME向けのバージョンは、今夏の終わり頃までに提供される予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]