編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

日立、官公庁や自治体向けに情報セキュリティ事業を強化

エースラッシュ

2005-07-11 19:18

 日立製作所は7月11日、同社の情報・通信グループにおいて、官公庁や自治体など公共向けの情報セキュリティ事業を強化すると発表した。

 同社は、官公庁や自治体向けに特化したセキュリティに関するコンサルティングから、システム構築、運用/監視までを「公共向けセキュアソリューション」として体系化した。また、業務システムモデルを3種類開発し、パッケージ化を行った。これにより、セキュリティ対策に要する期間が従来比で約30%短縮できる。

 今回のセキュリティ事業強化にあたり、6月1日に情報セキュリティに関する専門技術者と、官公庁や自治体向けの業務システム開発者で「公共セキュアソリューションビジネス推進センタ」を設立した。同センタを中心に「公共向けセキュアソリューション」を提供する。

 同社は医療や文教など公共分野全体に事業を拡大し、2007年度までに「公共向けセキュアソリューション」関連で350億円の売上げを目指す。

日立製作所

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]