編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ヘッドアップディスプレイ付き水泳ゴーグルはいかが

David Berlind(ZDNet.com)

2005-07-11 21:17

 CNNとEngadget経由で、News.comのMichelle Meyersから届いたニュース。イギリスのBrunel Universityインダストリアル・デザイン学科のKatie Williamsが設計した水泳用ゴーグルにはヘッドアップディスプレイが付いていて、泳いだラップ数とタイムが表示されるようになっている。素晴らしい発明なんだけど、これにXML技術と無線送信の仕組みを組み込むともっと良くなる。そうすれば、1人のコーチが50人のスイマーを監督しなければならないときなどに役立つ。コーチは、それぞれのゴーグルから無線で送られてくるデータが集計されるのをコンピュータの前に座ってただ見ているだけですむ。もちろん、データはすべてデータベースに保存されるようにしておくとよい。

(写真提供:Fuse PR)

 そうだ、Katieさん、ついでに心臓モニターも付けてそのデータを集めるというのはどうだろう。リアルタイムで集めるのが無理だったら、泳ぎ終わった人のゴーグルからUSBケーブル経由でPCなどにデータを転送するのでもよい。ただ、この商品は僕には向かない。この前、近所のプールで泳いだとき--このプールは長さが25フィート(約8メートル)くらいある--2ラップ泳いだだけで、心臓発作を起こすかと思うくらい疲れ切ってしまったのだから。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]