編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

日本HP、オープンソースシステム構築のサポートを強化

エースラッシュ

2005-07-13 22:10

 日本ヒューレット・パッカードは7月13日、オープンソースJ2EEアプリケーションサーバソフトの「JBoss Application Server」に対する製品保守サービス「JBossアプリケーション サーバ製品保守サービス」と開発者向けの情報支援コンサルティングサービス「JBoss製品開発者支援コンサルティング」の提供を開始すると発表した。

 今回のサポート強化により、同社の「HP Integrityサーバ」と「HP ProLiantサーバ」を対象にJBossアプリケーションサーバの保守サービスやJBoss製品の開発者支援サービスの提供などが行われる。また、オープンソースソフトによるシステム基盤構築サービスをHPエクスプレスサービスのメニューとして展開するという。

 料金は「JBossアプリケーションサーバ製品保守サービス」が1サーバ(4CPU)で税込100万8000円から、「JBoss製品開発者支援コンサルティング」が税込52万5000円からとなっている。

 同社ではLinuxを中心としたオープンソースシステムの導入をサポートするため「Linux Reference Architecture(LRA)」をつうじて技術情報やサポートしている。今回のLRAに含まれるミドルウエアの保守サービスを開始することで、より一層のオープンソースビジネスを拡大する。

日本ヒューレット・パッカード

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]