編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

日本HP、運用管理ソフトの新版を発売--将来のネットワーク負荷も予測

ニューズフロント

2005-07-27 17:27

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は7月27日、ネットワーク運用管理ソフト「HP OpenView Performance Insight(OVPI)5.1.1」(日本語版)の販売を開始した。税込み価格は、基本ライセンスが111万4050円から、1ノードが6720円から。

 OVPIは、ネットワークの処理負荷を計測し、管理、分析するためのソフト。利用率が極端に低いまたは高いリソースを表示するなどして、負荷分散をするための情報を提供する。

 ネットワークの潜在的な問題を特定して報告する機能を備え、90日以内に利用率が一定値を超えるリソースを予測する。そのため、「システムダウンなどを未然に防ぐプランニングが容易になる」(同社)。

 ほかのHP OpenView製品とも連携可能で、「HP OpenView Network Node Manager」などの管理、収集するデータを活用し、ネットワーク全体の分析やレポート作成が行える。管理者は、レポート作成の工数の大幅な削減とリアルタイム化を実現できる。

日本ヒューレット・パッカードのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]