編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

NTTコムウェア、高可用性クラスタソフト「Matrix HA」のLinuxカーネル2.6対応版を出荷

エースラッシュ

2005-08-01 18:04

 NTTコムウェアは8月1日、24時間365日無停止の情報システム用サーバを構築可能にする高可用性クラスタソフト「Matrix HA」のLinuxカーネル2.6版を出荷した。

 「Matrix HA」は安定性の高いLinuxと組み合わせて利用することで、止まらないシステムを実現する高可用クラスタソフトだ。今回新たにLinuxディストリビューションの1つ「SUSE Linux」をサポート対象とし、Linuxカーネル2.6の最新ディストリビューションのうち「Red Hat Enterprise Linux 4.0」と「SUSE Linux Enterprise Server9」で稼動するようにした。今後出荷される「Miracle Linux 4.0」でも稼動する。また、オープンソースのデータベース「PostgreSQL」「MySQL」向けの監視エージェントも出荷する。

 同社は9月末までの期間限定でライセンスの割引キャンペーンを実施する。キャンペーン版の価格は、1CPU×2ノード版が43万2000円、2CPU×2ノード版が76万8000円となっている。

NTTコムウェア

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]