編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NTTデータなど、製造ラインへのRFIDシステム導入実験の成果を発表

ニューズフロント

2005-08-05 15:41

 NTTデータ、慶應義塾大学、日本プラントメンテナンス協会、東洋精器の4組織は、製造業の生産プロセスにおける無線ICタグ(RFID)導入の有効性を検証する実験を行い、8月5日に結果を発表した。

 実験は、機械部品製造を手がける東洋精器の本社工場で、2005年3月14日から25日にかけて行った。NTTデータのRFIDタグ情報システムを生産ラインに導入し、“ものの流れ”をリアルタイムに可視化する方法や、可視化による効果を調べた。具体的には、生産指示票にRFIDタグを貼り付け、「素材の払い出し」および「旋削と穴あけ」という2工程の入り口と出口で通過時刻を測定した。

 4組織は、実験により3つの成果が得られたとしている。それぞれの概要は以下のとおり。

  • 現場に負担をかけることなく、スムーズかつ効率的にシステムを運用することができ、作業内容や期日などが明確になるといった具体的な効果もあった。その結果、製造現場の担当者から好意的な評価を得られた
  • RFIDタグ情報システムの導入過程で、現状の製造現場であいまいだったものの流れを明確化できた
  • ものの流れの可視化を実現し、生産作業の進捗をリアルタイムに把握、管理できるようになった

 実験結果の詳細は、11月16日から17日に東京ベイ有明ワシントンホテル(東京都江東区)で開催される第45回「設備管理全国大会-TPM Conference 2005-」にて発表する予定だ。

NTTデータのプレスリリース

慶應義塾大学

日本プラントメンテナンス協会

東洋精器

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]