ACCESS、「JV-Lite2 Wireless Edition」がJava ME互換テストに合格

ニューズフロント

2005-08-08 17:09

 ACCESSは8月8日、同社のJava実行環境ソフト「JV-Lite2 Wireless Edition」の最新版がサン・マイクロシステムズのJava Platform, Micro Edition(Java ME)互換テストに合格したと発表した。

 同ソフトは、CLDC 1.1を含むJava ME仕様に準拠したJava実行環境。MIDP 2.0、WMA1.1、MMAPIを含むJTWIおよびMobile3D APIをサポートしている。さらに、NTTドコモのDoJa仕様と、中国China United Telecommunications(China Unicom)のUniJa仕様に対応するほか、米Nazomi Communications製アクセラレータとQVGA(320×240ピクセル)解像度にも対応している。

 新機能としては、JSR 82(Java APIs for Bluetooth)、同135(Mobile Media API)、同179(Location API for J2 ME)、同205(Wireless Messaging API 2.0)、同75(PDA Optional Packages for J2ME)、同184(Mobile 3D Graphics API for J2 ME)に対応した。

 動作時には、同社の情報家電市場向けブラウザ「NetFront」とリソースやメモリを共有できるので、両者を結合して提供することも可能。「JV-Lite2 Wireless EditionとNetFrontを用いたソリューションは、Java実行環境の移植検証工程を削減すると同時に、信頼度の高いJava実行環境を備えたインターネット閲覧機能も実現できる。携帯電話端末メーカーや携帯事業者は柔軟に開発が行えるうえ、開発コストや開発期間を削減することができる」(ACCESS)

ACCESS

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]