日本IBM、組織体制をメールの使用状況から評価する技術を開発

ニューズフロント

2005-08-30 14:42

 日本IBMは8月30日、電子メールによるコミュニケーションの状況を分析して組織体制を科学的に評価する技術「Collaborative Organization Analysis(COA)」を発表した。同技術を活用すると、評価結果を効率的な組織変革につなげられるという。

 COAは、日本IBMの東京基礎研究所が開発した技術である。事業部間やグループ企業間など、組織間でやり取りされる電子メールの量や経路からコミュニケーションの構造を解析し、企業の意図通り組織が連携しているかどうかの診断に役立つ材料を提供する。具体的には、電子メールの受発信量や組織内の位置、経路を分析し、組織間の距離、影響度、親密度などの重み付けで評価を行う。

 今後、アイ・ビー・エム ビジネスコンサルティング サービス(IBCS)と協業し、同技術ベースのコンサルティングサービスを「On Demand Innovation Services(ODIS)」の一環として提供していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]