MS、ワークフローツール「Windows Workflow Foundation」の詳細発表へ

Martin LaMonica

2005-09-14 16:01

 ロサンゼルス発--Microsoftは米国時間9月14日、自社製品ラインにワークフロー機能を搭載する戦略の詳細を明らかにする。

 Microsoftの幹部らは、当地で開催中の「Professional Developers Conference(PDC)」において、ビジネスプロセス内の様々な作業を管理する「Windows Workflow Foundation」ソフトウェアについて説明する計画だ。次期オペレーティングシステム「Windows Vista」の通信を実現する「Windows Communication Foundation」と同様に、同ワークフロー管理ツールは、Microsoftの様々な製品で利用される予定だ。

 Microsoftの会長Bill GatesはCNET News.comのインタビューに対し「われわれは、ワークフローをプラットフォームの根幹部分に組み込もうとしている」と述べた。

 Microsoft幹部らは13日、2006年後半に登場する「Office 12」では、各アプリケーション間で文書をルーティングするためのワークフローサーバが搭載されることを明らかにしている。

 Gatesによると、これまでCRM(顧客関係管理)アプリケーションが処理してきたタスクの多くは、Office 12で提供される各種のデスクトップアプリケーションや、今後登場するサーバ製品を使って処理できるようになるという。

 「CRMアプリケーションが行う処理のほとんどはワークフローに関連したものである、といっても過言ではない。エンドユーザーが簡単にワークフローを作成できるようにするべきだ」(Gates)

 PDCで行われるセッションの説明からは、アプリケーションの統合に使われる「BizTalk Server」の次期バージョンには、同社製のワークフロー技術がさらに多く搭載されることが読み取れる。Windows上で稼働するワークフローアプリケーションの構築を開発者に促すため、同社は、Windows Workflow Foundationの利用方法に関するセッションを複数回にわたって開催する予定だ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]