編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

HP、IT資産管理ソフトウェアメーカーを買収へ

Anne Broache (CNET News.com)

2005-09-20 12:52

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間19日、ソフトウェアメーカーPeregrine Systemsを現金約4億2500万ドルで買収する予定であることを明らかにした。

 Peregrineは、企業のIT資産を購入から廃棄まで管理するプログラムや、ヘルプデスク業務を効率化するプログラムを開発している。

 HPは、Peregrineの製品をOpenViewスイートに組み込む予定だ。同スイートは、企業のコンピューティングシステムを監視し、円滑に稼働させるためのソフトウェア群である。

 買収には、Peregrineの株主による承認が必要である。HPが公表した声明によると、同社は2006年第1四半期までには、買収を完了させる予定だという。

 サンディエゴに本社を置くPeregrineは、1981年に設立された。同社は不正会計疑惑で経営難に陥り、2002年に会社更生手続きを申請した。その後、組織再編の結果、2003年に再生を果たしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]