アパッチ、「Beehive 1.0」を発表--アプリケーション構築時のコーディング量を削減

Jonathan Bennett(UK.Builder.com) 2005年10月06日 12時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apache Software Foundation(ASF)は、J2EEおよびStruts向けのコンポーネントツールキットとして「Beehive 1.0」のリリースを発表した。

 Beehiveの目的は、アプリケーション構築時のコーディング量を削減することにより、Java言語によるWebアプリケーション開発を容易にすることにある。

 このオープンソースプロジェクトはもともと、米BEA SystemsのWebLogic Workshopから派生したものである。同社は2004年5月に、Apache Incubatorプロジェクトにコードを寄贈しており、Beehiveは今年7月の時点でASFにおける最重要プロジェクトとなっている。BeehiveのバイスプレジデントEddie O'NeilはBuilder UKに対し、開発者はプロジェクトの進展に満足していると語っている。同氏は、「このことに関して、われわれは大変興奮している。骨の折れる仕事だが、やりがいがあると興奮している」と述べている。

 Beehiveは大きくわけると、「NetUI」「Controls」「Web Service Metadata(WSM)」という3つのパーツで構成されている。NetUIはApache Struts上に構築されたMVCフレームワークであり、HTMLページ用の一連のJSPタグや、データグリッドといったより複雑なUI(ユーザーインターフェース)コントロールが追加されている。そしてControlsは、さまざまなデータソースや他のリソースに対して一貫性のあるインタフェースを提供するための、バックエンドで使用されるJ2EEクラス群である。これらはともに、メタデータに大きく依存しており、Java Metadata規格であるJSR 175に準拠したものとなっている。

 O'Neilによれば、メタデータの規格が存在していたことは、Beehiveにとって大きな助けとなったという。同氏は、「BeehiveはJSR 175メタデータ規格を活用している。われわれは過去に、Javadocによるメタデータを使用していたが、メタデータは今や言語仕様の一部となったため、その規格を利用して機能を実現することにしたのだ」と述べている。

 WSMは、メタデータのこのような利用をWebサービスにまで拡張するものであるが、Beehive 1.0には含まれておらず、そのリリースは、公式規格であるJSR 181の承認が条件となっている。そしてJSR 181は、Java Community Processの最終段階にあるTechnology Compatibility Kitを必要としているのだ。

迅速な開発に向けた協力

 O'Neilによれば、今回のような迅速な開発は貢献者の頑張りによるところが大きいという。同氏は、「コードがApacheに寄贈されたのは2004年7月だった。われわれは1年かけてコードを熟成させ、コミュニティを育て、その間に3回のリリースを行った」と述べている。

 BEA Systemsの社員で、プリンシパルテクノロジストであるMartin Percivalによれば、同社はプロジェクトの発展を歓迎しており、現在もプロジェクトに対して活発に関与し続けていると付け加えている。

 同氏は、「BEAはプロジェクトに大きく関与し続けている。コードの貢献者の多くは、社内でオリジナルのバージョンを構築する作業に関わっていた。Apacheの優れている点は、他の人々も貢献できるということだ。ここではさまざまなアイデアがミックスされていくわけだ」と述べている。

 当初は商用ソフトウェア企業において開発されていたコードがApacheプロジェクトのものとしてリリースされるのは、これが初めてではない。「XMLBeans」もBEAによって寄贈されたものであるし、IBMはコードとともにプロジェクトを提供したことがある。そして、商用ソフトウェアベンダとオープンソースコミュニティ間の協力は、いずれの側からみても成功していると捉えられている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]