MSとグローバル ナレッジ、Windows環境の最適化支援サービスを無償提供

ニューズフロント

2005-10-18 14:50

 マイクロソフトとグローバル ナレッジ ネットワークは10月18日、企業顧客向けのWindows ITインフラ最適化支援サービス「マキコ先生のRFP作成無償指導サービス」を、2005年11月1日より2006年6月30日までの間、無償提供すると発表した。

 このサービスは、ITインフラの見直しを検討中の企業に対し、システム移行の経験と知識を持つ「インフラ最適化アドバイザ」がActive Directory環境構築に向けた提案依頼書(RFP)の作成を審査し、改善のポイントを指導する。これにより、両社はWindows環境への移行を支援する。さらに、Windows Server 2003およびActive Directoryをベースとして、経済産業省のガイドライン「技術的安全管理措置」を段階的に適応可能なITインフラ構築を推進する。

 具体的には、企業のシステム担当者が作成したRFPにもとづき、インフラ最適化アドバイザが指導をする。合計2回までのRFPテンプレート添削を通じ、Active DirectoryとクライアントPCの導入計画策定をアドバイスする。対象製品は、Windows Server 2003、Windows XP Professional、Microsoft Office 2003 Editions。

 同サービスを提供するにあたり、マイクロソフトはクライアントPC用Windows OSのユーザー企業に対し、同サービスの告知と啓蒙を実施する。なお、グローバル ナレッジは同サービスの開発と運用を担当する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「ゼロトラスト」はもはや時代遅れ? 安全なアクセスを可能にする「ZTNA 2.0」実現方法を解説

  2. クラウド基盤

    苦節10年、Microsoft がようやくたどり着いた ユーザーのための最新ハイブリッドクラウド

  3. セキュリティ

    最適なゼロトラスト移行アプローチに役立つ、NIST/CISAの「ゼロトラスト成熟度モデル」を解説

  4. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  5. セキュリティ

    2023年版グローバル脅威レポート--サイバー攻撃の手口とレジリエンスを高めるポイントを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]