ライバルはIBMやオラクル--MS、ワークフローとコンテンツ管理市場に本格参入へ

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-09-15 20:07

 ロサンゼルス発--Microsoftは2006年に、ワークフローとエンタープライズコンテンツ管理システムという2つの市場に本格的に参入する予定だ。同社は、参入にあたり、デスクトップ分野における高いシェアを背景にデベロッパへ働きかけるという方法をとることになるだろう。

 米国時間9月14日、Microsoftはロサンゼルスで開催中の「Professional Developers Conference」において、コンテンツ管理およびワークフローアプリケーションに関する2つの取り組みを発表した。

 同社が発表した「Windows Workflow Foundation」は、ウェブページ間の遷移の取り扱いや、2つのシステム間における電子帳票のやり取りといった、さまざまなワークフロープロセスにおいて、そのステップを追跡/管理するためのソフトウェアである。

 Microsoftの幹部らによると、このソフトウェアは、2006年後半に出荷される新しいオペレーティングシステムである「Windows Vista」に搭載されるだけでなく、「BizTalk Server」の次期バージョンや「Microsoft Dynamics」のアプリケーション群、「Office 12」においても広く使用されることになるという。

 Microsoftの幹部らは、パッケージや価格の詳細については言及していないものの、同社が、Windows Vistaと同じ2006年後半に登場するOffice 12に、エンタープライズコンテンツ管理機能を搭載する意向であることを明らかにしている。

 市場には、ワークフローやエンタープライズコンテンツ管理を専門に手掛けるベンダーが複数存在する。Microsoftの動きによって、その勢力図が塗り替えられる可能性がある。

 Forrester ResearchのアナリストJohn Rymerは「これはMicrosoftの典型的なやり方だ。ワークフローやエンタープライズコンテンツ管理システムが登場してから10年後に市場に参入し、それを商品化するのだから」と述べる。「Microsoftはものごとを創り出すのではなく、大衆化させるのだ」と付け加える。

 Windows Workflow Foundationとは、Windowsのプログラミングモデルとなるものでもあり、Microsoftがサードパーティのベンダーに対しみずからの製品に使用するよう奨励しているワークフロー「エンジン」でもある。Microsoftの幹部らによると、既存のワークフロー製品プロバイダは、業界に特化したバージョンやエンドユーザー向けツールを提供することで、Microsoftとすみ分けることが可能だという。

 インフラソフトウェアを提供する、IBM、Oracle、BEA Systems、Sun Microsystemsのような大手企業もまた、ワークフロー関連ソフトウェアに力を注いでいる。

 またエンタープライズコンテンツ管理の分野でも同様に、Microsoftは、DocumentumやFileNetなどの専門ベンダーや、Oracle、IBMなどの大手ソフトウェアプロバイダと競合することになる。

 Office部門シニアバイスプレジデントSteven Sinofskyは、Office 12に搭載されるエンタープライズコンテンツ管理ソフトウェアは、既存の製品であるContent Management Serverの技術を土台に開発されるという。

 Sinofskyは「(エンタープライズコンテンツ管理ソフトウェアの開発に際して)われわれは、Content Management Serverとして今日知られている製品の大幅なアップグレードを開発する方向に向かっている。ただし、SharePoint上で稼働するように製品を再設計した」と述べたものの、これ以上の詳細については言及を控えた。

 コンテンツ管理は、MicrosoftがOffice 12で提供しようとしているサーバベースの機能の1つだ。同社の幹部によると、これらのサーバベースの機能には検索やコラボレーション、ビジネスプロセスワークフロー、ビジネスインテリジェンスなどが含まれ、それぞれ、Microsoftの「SQL Server 2005」データベースと連携して実現されるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]