編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

VAリナックス、スパム対策ソフトウェアをオープンソースとして公開

WebBCN (BCN)

2005-11-09 11:25

 VA Linux Systems Japan(VAリナックス、上田哲也社長)は、フレキシブル にスパムメールを制限できるMTA向けスパム対策ソフトウェア「SMTPGuard」を オープンソース・ソフトウェアとして公開した。オープンソースをベースに高 信頼性、高可用性、高性能、拡張性を実現し、100万アカウントを越える大規 模ネットワークまでをカバーするトータルなメッセージングソリューション 「VA FMS」を構成する製品群のひとつ。

 SMTPセッション中に得られるIPアドレス、MAIL FROM、RCPT TOなどのパター ン、回数といった情報をもとに、あらかじめ定められたルールによってポイン トを計算。MTAが受信拒否、セッション応答遅延、管理者への警告メール送信 などの適切なアクションを行えるようにする。これにより、SMTPサーバーに対 してウイルスを含むスパムメールの異常な流量が発生した場合、特定IPアドレ スや送信元からの流量をメールシステムにとって安全なレベルまでフレキシブ ルに制限できる。また、制限のためのポイント加算条件やその条件に達した際 のアクションもフレキシブルに定義可能。

 同社では、ソースコードを広く一般に公開することで、幅広いフィードバッ クによる安定性や信頼性の向上を狙う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]