編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ニイウス、長崎県民信用組合の勘定系オンラインの受託サービスを本番稼働

CNET Japan Staff

2006-01-05 03:15

 ニイウスは1月4日、沖縄県浦添市にあるニイウス浦添データセンターにおいて、長崎県民信用組合向けの金融機関勘定系オンラインシステムの受託サービスを本番稼働させたことを発表した。ニイウスにとって、銀行業務の受託サービス提供は初めて。

 長崎県民信用組合は、これまで自前の勘定系オンラインシステムを稼働してきた。今回の本番稼働では、ニイウス浦添データセンターと長崎県民信用組合の各本部・営業店を完全二重化された高速回線で結ぶ。金融特区としての利点を生かし、通信費用も削減できるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]