編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ニイウスがモバイルミドルウェアを販売開始--フィンランド企業と業務提携

田中好伸(編集部)

2005-09-14 21:52

 金融業界や医療業界向けにIT資源のアウトソーシング・サービスを手がけるニイウスは9月14日、フィンランドのSofor(ソフォー)と業務提携し、Soforのモバイルミドルウェア「Waplane(ワープレーン)」の日本国内での販売を開始した。今後1年間で売上高1億円を目指す。

 Waplaneは、既存のアプリケーションを携帯電話や携帯情報端末(PDA)などのモバイル環境への対応を短期間で実行可能にする。企業内LAN上のデータベースのフィールドに接続することでアプリケーションを選ばずにデータを表示できる。

 またWaplaneは、設定ツールの活用によりコーディングせずに導入できる。XMLベースで他のコンピュータにあるデータや機能を呼び出すためのプロトコルであるSOAP(Simple Object Access Protocol)のコネクタを備えていることで、Webサービスにも対応している。また大手企業を中心に利用されているグループウェアであるLotus Notesのコネクタを備えており、Lotus Notesを短期間でモバイル環境対応にできる。

 Waplaneの価格は100ユーザーで190万円となっている。Soforは1991年に設立され、企業のシステム開発、運用管理、Waplaneを中心としたワイヤレス関連ソフトの開発などを中核にしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]