編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

Mac miniとOSSでサーバを構築--ワイズノット「オープンソース基本導入パック」

ニューズフロント

2006-02-02 15:14

 ワイズノットは2月2日、アップルコンピュータのMac miniとオープンソースソフト(OSS)を組み合わせて各種サーバを構築する「オープンソース基本導入パック」を発表した。導入や保守サービスも合わせて提供する。

 OSSがプリインストールされているため、導入が短期間で済む。標準構成で「初期導入オンサイトサポート」サービスが付属するので、IT専任者を持たない企業でも利用を始められるという。「特に中小企業や、大企業の部門組織に最適なシステム構成であり、従来のネットワーク導入にかかる金銭的/人的コストはもちろん、サーバ設置スペースを省ける」(ワイズノット)

 イントラネット専用の「イントラパック」と、インターネット接続にも対応可能な「Webパック」の2種類を用意する。価格は以下のとおり。

  • イントラパック
    3年:91万3500円
    4年:105万円
    5年:119万7000円

  • Webパック
    3年:169万500円
    4年:207万9000円
    5年:247万8000円

 ワイズノットでは、今後さらに導入可能なOSSの種類を増やし、同パッケージを利用するだけで社内環境を構築できる内容にするとしている。初年度の連結売上高は5億円と見込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]