編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

次期「GNOME」、新機能が一部明らかに--企業導入を容易にする管理者機能を搭載

文:Ingrid Marson(ZDNet UK)
翻訳校正:河部恭紀(編集部)

2006-02-22 15:05

 次期バージョンの「GNOME」は、管理者による企業内へのLinuxデスクトップ環境の導入を容易にする設計となっていることが判明した。

 米国時間3月15日リリース予定のGNOME 2.14には、プロファイルマネージャーや、PCの機能をロックダウンするためのエディターなど、新しい管理者ツールが搭載されるという。開発者のDavyd Madeley氏がGNOMEプロジェクトのウェブサイトに先週寄稿して明らかにした。

 Madeley氏は自身のブログで、この記事を書いたのはGNOME 2.14の「素晴らしい新機能を売り込みたかった」ためだとしたが、2.14の正式版に搭載される機能は詳細部分が変更されている可能性もあると忠告した。

 「Sabayon」と呼ばれるプロファイルマネージャーを使えば、管理者がユーザーグループのプロファイルや、これらのグループに対するデフォルトまたは必須の設定を作成できるようになる。

 一方、「Pessulus」と呼ばれるロックダウンエディターを使うと、GNOMEデスクトップにある特定の機能を無効にできる。「この機能は、パネルの編集やコマンドラインの使用をユーザーに認めたくない企業やインターネットカフェのような環境にとって有効だ」(Madeley氏)

 GNOME 2.14ではほかにも、新しいメモリーアロケーターによる「大幅な」パフォーマンスの向上があるはずだ。Madeley氏によると、新しいアロケーターでは、これまで26秒かかっていた作業にわずか2秒しかかからないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]