編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

Namazu Project、Directory Traversal問題を修正した「Namazu 2.0.16」をリリース

CNET Japan Staff

2006-03-13 20:50

 Namazu Projectは3月13日、オープンソースソフトウェア「Namazu 2.0.16」をリリースしたことを発表した。GPL2(GNU General Public License version 2)に従い、ウェブサイトで一般公開されている。

 Namazuはオープンソースの日本語全文検索システム。CGIとして動作させることが可能で、中小規模のウェブ全文検索システムを構築したり、コマンドラインから利用したりすることができる。

 今回のリリースは、Namazu 2.0.15以前のすべてのバージョンのnamazu.cgiで発生していたDirectory Traversal問題が修正されたセキュリティフィックスリリース。この問題は、pnamazuでも発生しているが、こちらも対策済みバージョンをリリースしている。

 そのほか、空白を含むファイル名の文書に対応し、 NTFSのアクセス権で読み込み許可がないものの処理をスキップすることが可能。MeCab-perl-0.90rc10にも対応している。

 Namazu 2.0.16は、同プロジェクトのウェブサイトで配布されている。なお、pnamazuは、pnamazuのウェブサイトからダウンロードできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]