編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

三菱電機、「自治体総合行政情報システム」をオープンソースとして無償提供

WebBCN (BCN)

2006-03-29 12:10

 三菱電機(野間口有社長)は、電子自治体システム「三菱電機自治体総合行政情報システムMTAIS-eLG」をオープンソース・ソフトウェア(OSS)として無償提供し、導入やカスタマイズなどの支援サービスを有償とするビジネスモデルを構築した。4月3日から「MTAIS-eLG(OSS)」の提供と支援サービスを開始する。

 「MTAIS-eLG」は、地方自治体が提供する住民サービスや地方自治体内部の管理などを標準化して、住民サービスの向上や行政運営を簡素化、効率化する電子自治体システムの基幹業務アプリケーションパッケージ。

 今回提供する「MTAIS-eLG(OSS)」は、申請書受付や審査などを行う「電子申請システム」で、総務省共同アウトソーシング事業として地方自治情報センターに登録されている。今後は、文書管理、人事給与、税務情報、住民記録等のシステムを順次追加する予定。

 自治体業務アプリケーション(電子申請等)は無料で提供する。地域IT企業向けサービス、自治体向けサービス、共同アウトソーシング向けサービスの基本導入パックは2000万円から。販売目標は、年間30億円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]