編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

住友電工情報、Eclipseと連携可能なJava開発環境「楽々FrameworkII 3.1.1」

ニューズフロント

2006-03-29 16:45

 住友電工情報システムは3月29日、Java開発フレームワークの最新版「楽々FrameworkIIバージョン3.1.1」を販売開始した。新たに、オープンソースのソフト開発プラットフォームEclipseとの連携を可能としたほか、携帯電話用ウェブサイト向けのシステム構築機能を追加した。

 楽々FrameworkIIは、複雑な処理を実現できる業務コンポーネントを備え、業務処理の大部分をプログラミングすることなく稼働できる。住友電工情報では「プログラム設計工数を、従来の3分の1まで圧縮する」としている。

 最新版は、Eclipse用プラグインの形態で連携機能「RakConnect for Eclipse」を提供する。Eclipseと連携して、Eclipseのテキスト編集機能を使った作業や、CVSによるバージョン管理が行える。また、楽々FrameworkIIのさまざまなJava部品をEclipseから利用することも可能だ。

 さらに、楽々FrameworkII 3.1.1は、携帯電話用ウェブサイトを構築するための機能「RakConnect for KEITAI」を搭載した。同機能を利用すると、PC画面向けのプログラムを作っておくだけで、楽々FrameworkIIが端末の種類を判定し、携帯電話である場合は表示を自動調整する。プログラム開発時に、携帯電話専用の機能を追加作成する必要はない。

 価格は、開発サーバライセンスがLinuxとWindowsで300万円、UNIXで500万円。実行サーバライセンスがLinuxとWindowsでは100万円、UNIXで200万円からで、詳細はウェブサイトに掲載している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]