編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

蝶理情報とビッツテージ、両社の製品を組み合わせたCRM/CTIシステムを構築

WebBCN (BCN)

2006-03-30 11:45

 蝶理情報システム(蝶理情報、繁澤宏明社長)とビッツテージ(丸山勇人社長)は、蝶理情報のUnPBX(構内交換機)タイプのテレフォニーサーバーシス テム「CTplus」とビッツテージのマルチチャネル対応コミュニケーション管理 システム「inspirX」を、日本能率協会マネジメントセンター(JMAM、野口晴 巳社長)に提供し、カスタマーサポート用CRM/CTIシステムを構築したと発表 した。

 「Ctplus」は、PCに音声応答CTボードを組み合わせ、CTミドルウェアとして 利用できるUnPBX型のテレフォニーサーバーシステム。コールセンターやCRMシ ステム構築に必要なPBX機能や自動音声応答機能などを搭載する。一方、「inspirX」は、電話やファックス、Webを通じて行われる対応履歴などを管理でき るシステム。システムの受注・導入・保守はシーエーシー(CAC、島田俊夫社 長)が担当する。

 JMAMでは、eラーニングサービスが本格開始後、メールによる問い合わせが 急増。電話による問い合わせを上回ることが予想されたため、「CTplus」と 「inspirX」を組み合わせた、電話とメールを統合して、問い合わせを一元的 に把握するシステムを導入した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]