日本ベリサイン、最新セキュリティ情報をメール配信する「CyberNotice」

ニューズフロント

2006-04-03 21:14

 日本ベリサインは4月3日、脆弱性情報など最新のセキュリティ情報を顧客企業に配信するサービス「CyberNotice」の提供を開始した。

 CyberNoticeは、米政府機関やセキュリティ研究機関などから情報を入手し、専門アナリストがフィルタリング、分析、検証を行い、個別の脅威、事件、脆弱性への対策情報を電子メールとウェブで提供するサービス。日本ベリサインでは「同サービスを導入することで、企業の経営者やシステム責任者は、情報収集コストを抑えながら必要なセキュリティ対策を実施できる」とする。

 サービスメニューは、脅威、脆弱性、対策、警戒情報を毎日メール配信する「CyberNotice Pro」と、脅威、脆弱性に加え、実際のサイバーアッタック事例などの事件、パッチ情報やサイバー情報など対策も含めて毎日メール配信する「CyberNotice Mail」の2種類。CyberNotice Proには、アナリストの作成したレポートをウェブで閲覧できるサービスも用意する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]