編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

ボーランド、要件管理ツールの最新版「CaliberRM 2005 Release 2日本語版」

ニューズフロント

2006-04-12 16:05

 ボーランドは4月12日、要件管理ツールの最新版「CaliberRM 2005 Release 2日本語版」の販売を開始した。税込み価格は、33万6000円(1指名ユーザーライセンス)からとする。

 CaliberRMはビジネスや業務、運用に関する要件を一元管理するツール。ソフト開発における要件の管理と要件間の紐付けを、動的かつ視覚的に設定できる。要件変更時には、変更対象要件とそれに関連するほかの要件への影響を把握できるため、安全かつ効率的な要件変更が可能。

 最新版は、構成管理/変更管理ツール「Borland StarTeam」との連携機能を備え、収集した要件をファイル、タスク、変更要求、要件、トピックといったStarTeamの管理アイテムにリンクできるようになった。これにより、要件変更時の影響分析範囲が、StarTeamの管理下にある仕様書やソースコードなどの成果物まで広がる。「CaliberRMとStarTeamを併せて利用することで、成果物への影響、スケジュールや要件変更の状況を『見える化』できる」(ボーランド)

 さらに、リポジトリ内の要件データと要件属性をリレーショナルデータベースに抽出する「Borland Datamart」機能を搭載した。これをレポーティングツールと組み合わせることにより、要件の安定度や要件属性によるクエリを実施し、プロジェクトの進捗状況を視覚化してダッシュボード内で把握することが可能となる。

 CaliberRMクライアントとCaliberRMサーバ間の通信は、SSLで暗号化する。その結果、社外でCaliberRMクライアントを使用し、社内のCaliberRMサーバにインターネット経由でアクセスする、といった運用が行える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]